すこやかな生き方のすすめ


『すこやかな生き方のすすめ』桜井章一 よしもとばなな

とにかく感覚がビンビンな雀鬼の桜井会長と、正直でウソのない作家のよしもとばななさん。 飾らない2人の語る、人間の素直さや「スケベ心」。

・「感じる力」

会長は話します。

「コミュニケーションって、“はい、投げるよ”と言って投げたり、受け取ったりする関係ではダメなんです。不意に背中からボールがきても、気配を感じて振り向いてキャッチする、そういう感覚で、人とつきかっているか、ということです。」

「赤ちゃんが発している「共感」を感じるか、感じないか。たとえ、抱っこしていても、親の関心が子供からよそに移ったら、それは子供を捨ててたと同じことですから。」

それは、今しかないものを与えあうことの大事さと、難しさ。なのかもしれない。


Recent Posts
Archive

© 2017 LISA SUZUKI