限りなく透明に凛として生きる 02

『限りなく透明に凛として生きる』佐藤初女

初女さんのおにぎりが、有名だ。

本に書かれた、

初女さんがお米を炊く、おにぎりを握る描写で想像できる所作は、実に洗練されている。

お米も、初女さんも、透明な世界観の中で、お祈りをしているように感じだ。

透明になって、おにぎりをいただく人のエネルギーへと変換される儀式なのかもしれない。

ぬか漬けの話も出てくる。

ぬか床を上下にひっくり返して、表面を平らにならす。

最初は手のひらでギュッと押していたのを、途中から手の甲を下にして優しく押し当てるようにすると、納得のいくぬか漬けができるようになったそうだ。

生活、実践とはこんな風に細部に宿るものなのだろう。

ぬか床は宇宙だ。菌と野菜と自身との対話。

ということで、家にいる時間も増えたことなので

ぬか漬けをはじめました。


Recent Posts
Archive

© 2017 LISA SUZUKI